金銭感覚についての考え方

 私は、子供のころから親に、金銭感覚についての考え方をたたきこまれました。それは、どういうことかというと、お金は労働の対価として得るものという考え方です。


 私の母は、私が小学生から中学生の頃に、家で内職をしていました。それは、てさげ袋を作る仕事で、私がそれを手伝ったときには、ご褒美としておこづかいをもらうことがあったのです。



 それは、もちろん内職を手伝えば手伝うほどおこづかいをもらっていたので、私はそこで「働くとお金がもらえ、働けば働くほどお金はもらえるようになるんだ」という金銭感覚を親から教えてもらったような気がするのです。


 実際に社会へ出てみると、それほどシステムは簡単ではないのですが、親から教えてもらった金銭感覚は確実に私の中で活きていて、それを考えると何でも勉強なんだなと今でも思います。


 私の金銭感覚の基本を教えてくれた親には、感謝したいと思っています。